2018/03/07 18:00:00
  • 【非正規労働者の権利実現全国会議】Q.期限が来れば自動的に解雇?

※配信を希望されない方は、メール末尾の案内をご覧ください。

目次************
(A)寄せられたご相談に回答しました
(B)派遣労働者の皆様へのアンケート・ネット相談の実施中
******************

(A)寄せられたご相談に回答しました

【質問】
弟についての相談です。「労働契約法に基づきまして当社では
原則として契約の開始の日から5年を超えて更新しないことに
しております。従いまして、契約は最長でも2019年9月30日
までとなります(あるいはそれ以前になるかも知れません)」
と通達されました。

2014年10月が最初の契約でしたので、5年満期は2019年と
なります。期限が来れば自動的に解雇となるのでしょうか。

【回答】
ご相談の件、会社は、「労働契約法に基づきまして」と
通達していますが、労働契約法には、「5年を超えて労働
契約を更新してはいけない」などという規定はありません。

会社がいう「労働契約法」の規定は、おそらく労働契約法
18条のことを言っているのだと思います。

労働契約法18条は、会社との間の労働契約が有期雇用で
あったとしても、その契約の更新が何度か行われた結果、
雇用期間が通算して5年を超えることになった場合に、
その有期雇用で働く人に、会社に対し、契約を無期雇用に
転換するよう求めることができる権利があることを
定めています。

この規定の意味は、不安定な有期雇用で働いている人で
あっても、5年を超えて働くことになるような状況なので
あれば、より安定した雇用になる無期雇用に契約を転換する
権利を認めることで、雇用をより安定させるようにして、
有期雇用労働者を保護しようという点にあります。

それに対し、会社は、「労働契約法に基づきまして」と
述べていますが、言っていることは労働契約法18条の
考え方とは逆で、「無期雇用に転換できる権利を与えない」
ために、雇用期間が5年を超える前にクビにしようと
いうものです。それは、「労働契約法に基づきまして」
行われるものではなく、「労働契約法18条を潜脱する
ために」行われるものです。不当な扱いであるといえます。

この会社の方針に対抗するための法的な考え方はとして、
労働契約法19条が定める、「雇止め制限」の考え方が
考えられます。

労働契約法19条は、たとえ有期雇用であったとしても、
「無期契約の雇用と同視できる」、あるいは「今後も
当然更新されると期待することに合理的な理由がある」
といえる状況だと認められれば、正社員が「解雇」される
場合と同様に、期間満了でクビにすることについて、
正当といえる理由がなければ、本人が雇用継続を希望する
ならば、クビにすることができないことを定めています。

そして、その場合の、「無期契約の雇用と同視できる」、
あるいは「今後も当然更新されると期待することに合理的な
理由がある」といえる状況にあるといえるかどうかは、

(1)その有期雇用の方が行っている業務が臨時的な仕事では
なく、常にやる必要がある仕事なのかどうか、

(2)契約内容が、会社の正社員の立場に近い内容のものと
いえるか、正社員と同一あるいは近い労働条件であるか、

(3)最初に採用されるときに、契約期間が満了しても契約
は更新されるという説明や、継続を期待させる言動が
あったかどうか、

(4)契約の更新のときに、厳格な手続をとられることなく、
当然のように更新されてきたかどうか、

(5)同じような立場にある有期雇用の同僚が、過去に本人は
終了を希望していないにもかかわらず期間満了で終了に
された事実があるかどうか、などの観点から判断されます。

この点、会社は、「5年が上限で終了」とあらかじめ説明
しているので、上の(1)〜(5)の点からすれば、会社は、
その説明が、(3)や(4)の点で、「5年目以降の更新を期待
させるような説明、言動はない」とする根拠にしてくる
と思います。

しかし、先ほども説明しましたとおり、会社の説明は、
「労働契約法に基づきまして」と言っていても、実際には
労働契約法18条とは逆のことを言っており、「労働契約法
18条を潜脱するために」するものといえます。

そうすると、一つの考え方としては、「そのような説明
自体が不当なので、そんな説明で契約更新への期待を
否定することはできない」と考えることができます。

そうしますと、弟さんが実際に働いている状況からして、
上に挙げた(1)〜(5)のうちほかの点から見て、
契約が更新され続けることを期待する理由が十分にあると
いえるならば、5年の期間に達したとしても、労働
契約法19条により、会社は弟さんをクビにすることは
できないという結論になる可能性があります。

そして、労働契約法19条により、会社が弟さんをクビに
することができず、その結果、契約期間が通算5年を
超えることになるならば、今度は労働契約法18条により、
弟さんは無期雇用への転換を会社に求めることも可能
になります。

弟さんの状況を、法的に説明すると以上のとおりです。
労働契約法19条や、労働契約法18条で救済される可能性が
あるか否かは、まず上に挙げた(1)〜(5)の観点から、
契約が更新され続けることを期待する理由が十分にあるといえる
か否かを検討する必要があります。その検討は、
労働事件に詳しい弁護士に、直接面談で相談していただき
行うのがよいと思います。

******************

(B)派遣法改正から3年、派遣労働者の皆様へのアンケート・ネットを実施中

アンケート・相談窓口はこちら↓
http://haken2018.hiseiki.jp/

2015年9月に派遣法が改正され、大きく制度が変わりました。
今年10月には、改正派遣法施行から3年を迎えますが、
今の職場でこのまま働けるのか、突然派遣先から切られてしまわないか、
派遣先に直接雇用してもらえるか−。

そのような疑問を一度、弁護士や学者にぶつけてみませんか? 皆様の
ご相談をお待ちしております。また情報の拡散にも、ぜひご協力ください。

**********************************
非正規労働者の権利実現全国会議(略称:非正規会議)
私たちは非正規労働者の雇用と暮らしの質を高め、
権利の実現に貢献することを目的として、研究者・法律実務家などを中心に活動しています。
公式サイト http://hiseiki.jp
メール contact@hiseiki.jp
**********************************
メール受信を希望されない方は、下記のアドレスに空メールを送信ください。
登録を解除いたします。
del@hiseiki.jp