2018/02/15 18:15:00
  • 【非正規労働者の権利実現全国会議】Q. A会社のX部署からY部署に異動したとして「同じ職場」ではない?

※配信を希望されない方は、メール末尾の案内をご覧ください。

目次************
(A)寄せられたご相談に回答しました
(B)派遣労働者の皆様へのアンケート・ネット相談の実施中
(C)3/3(土)、非正規会議の第10回総会を開催します
******************

(A)寄せられたご相談に回答しました

【質問】
派遣先から仮定として、「同じ会社の別部署で」派遣スタッフ
としての就業を継続することを示唆されました。これは2015年の
改正法的には有りなのでしょうか?

私の認識では、A会社のX部署からY部署に異動したとしても、
派遣先がA会社である以上引き続きの就業は不可なのでは
ないかと思うのですが。それとも部署が変われば
「同じ職場ではない」ということになるのでしょうか?

【回答】
厚生労働省・都道府県労働局が公表している「平成27年労働者派遣法
改正法の概要」によりますと、組織単位を変えれば、同一の事業所に、
引き続き同一の派遣労働者を(3年を限度として)派遣することが
できるとされています。

そして、「同一の組織単位」か否かは、その名称にかかわらず、
「業務の関連性に基づいて派遣先が設定した労働者の配置の区分で
あって、配置された労働者の業務の遂行を指揮命令する職務上の
地位にある者が、当該労働者の業務の配分及び当該業務に係る
労務管理について直接の権限を有するもの」、もしくは、
「課やグループ等の業務としての類似性や関連性があり、
その組織の長が業務の配分や労務管理上の指揮監督権限を有するも
のかどうかを判断しながら実態に即して判断される」とされています。

分かりやすくご説明しますと、例えば、ある会社の「人事課」に
派遣されていた方が「会計課」に派遣される場合は許される
(同一の組織単位ではない)と考えられますが、人事課Aグループに
派遣されていた方が人事課Bグループに派遣することは許されないと
言うことになります。

カズさんが記載された、「同じ会社の別部署」というものが、
上記の基準に照らして、「同一の組織単位」といえるかどうか
によって、さらなる派遣が可能かどうか判断が異なってくると
思います。

******************

(B)派遣法改正から3年、派遣労働者の皆様へのアンケート・ネットを実施中

アンケート・相談窓口はこちら↓
http://haken2018.hiseiki.jp/

2015年9月に派遣法が改正され、大きく制度が変わりました。
今年10月には、改正派遣法施行から3年を迎えますが、
今の職場でこのまま働けるのか、突然派遣先から切られてしまわないか、
派遣先に直接雇用してもらえるか−。

そのような疑問を一度、弁護士や学者にぶつけてみませんか? 皆様の
ご相談をお待ちしております。また情報の拡散にも、ぜひご協力ください。

**********************************

(C)3/3(土)、非正規会議の第10回総会を開催します

非正規会議第10回総会を下記の通り、開催いたします。奮ってご参加ください。

2018年を闘う! 雇用の安定と平等を目指して
〜労働契約法と派遣法を生かしてたたかおう〜
■日時:2018年3月3日(土)13:00〜17:00
■場所:宮城県民会館(仙台市青葉区国分町3-3-7)
■参加費無料、事前申込不要
■詳細 http://www.hiseiki.jp/whatsnew/180202_180303-sokai9.php

**********************************
非正規労働者の権利実現全国会議(略称:非正規会議)
私たちは非正規労働者の雇用と暮らしの質を高め、
権利の実現に貢献することを目的として、研究者・法律実務家などを中心に活動しています。
公式サイト http://hiseiki.jp
メール contact@hiseiki.jp
**********************************
メール受信を希望されない方は、下記のアドレスに空メールを送信ください。
登録を解除いたします。
del@hiseiki.jp