2019/03/20 18:00:00
  • 【非正規労働者の権利実現全国会議】Q.特定派遣は廃止されたのでは?

※配信を希望されない方は、メール末尾の案内をご覧ください。

目次************
(A)寄せられたご相談に回答しました
(B)『ここが知りたい! 改正派遣法Q&A』無料配布中
******************

(A)寄せられたご相談に回答しました

【質問】
現在所属している派遣会社が2019年になって
からも、我々従業員には「特定派遣の正社員」
だと言っています。

もう特定派遣は廃止されたのでは。

切り替えていない、というのはさすがにない
と思うので、一般派遣になったことをこちら
に伝える気がないということでしょうか。

契約の内容も変わっているはずです。通知し
ないと言うことが許されるのでしょうか。

【回答】
1 特定派遣の廃止
おっしゃるとおり、派遣期間が無制限であり、
届出をするだけでよい特定派遣(いわゆる常
用型)と、許可を受けなければならない一般
派遣(いわゆる登録型)の区別は平成27年の
法改正で廃止され、すべての派遣事業が許可
を受けなければ行えないことになりました。

今まで、あなたのお勤めの派遣会社が特定労
働者派遣事業として届出をし、労働事業を営
んでいたとしても、労働者派遣事業へ切り替
えて、許可を受けなければなりません。

移行のための経過措置の期間(施行日である
平成27年9月30日から3年)も過ぎているので、
すでに「許可」を受けているものと思われま
す。

もし、許可を受けないまま労働者派遣事業を
行っているのであれば、違法派遣ということ
になります(場合によっては、派遣先に直接
雇用を求めることができるかもしれません)。

派遣元会社が派遣事業の許可を受けているか
どうかは、厚生労働省のホームページ
https://www.jinzai-sougou.go.jp/srv110.aspx
でも検索することができますので、確認して
みてください。

なお、特定労働者派遣事業か否かは、派遣事
業の内容であり、あなたと派遣元との労働契
約とは無関係です。

特定労働者派遣事業でなくなったからといっ
て、あなたと派遣元との労働契約を切り替え
る必要はありません(あなたと派遣元との労
働契約は何も変わりません)。

2 労働契約の内容の説明義務について
派遣労働者は派遣元と労働契約を締結してお
り、この契約には、労働基準法の適用があり
ます。

労働基準法は、使用者に対し、労働契約の締
結に際して、労働者に対して、賃金・労働時
間その他の労働条件を書面で明示することを
義務付けています(労働基準法第15条第1項、
労働基準法規則5条)。

あなたの場合、現在の労働契約の内容につい
て疑問をお持ちになっているとのことですか
ら、派遣元に対し、労働条件を書面で明示す
るよう求めてはいかがでしょうか。

******************

(B)『ここが知りたい! 改正派遣法Q&A』無料配布中

労働者派遣法の2015年改正の内容を解説し派遣労働の問題点を
改めて考えるため、法律家3団体(連合大阪法曹団・大阪労働者弁護団・
民主法律協会)合同でQ&Aを作成いたしました。

PDF(第1刷)にて無料配布しておりますので、ぜひご覧ください。
ダウンロードはこちら↓
http://www.hiseiki.jp/whatsnew/160916_haken-qanda.php

**********************************
非正規労働者の権利実現全国会議(略称:非
正規会議)私たちは非正規労働者の雇用と暮
らしの質を高め、権利の実現に貢献すること
を目的として、研究者・法律実務家などを中
心に活動しています。
公式サイト http://hiseiki.jp
メール contact@hiseiki.jp
**********************************
メール受信を希望されない方は、下記のアド
レスに空メーを送信ください。登録を解除い
たします。
del@hiseiki.jp